コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーザー濃縮法 レーザーノウシュクホウ

デジタル大辞泉の解説

レーザー‐のうしゅくほう〔‐ノウシユクハフ〕【レーザー濃縮法】

レーザーを用いて濃縮ウランを製造する方法。天然ウランの蒸気に可視光線レーザーを当ててイオン化したウラン235をマイナス電極に集める原子法と、天然ウランを六弗化(ふっか)ウランに変え、赤外線レーザーを当てて化学反応しやすくなったウラン235を分離する分子法がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android