コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イオン化(読み)イオンカ

栄養・生化学辞典の解説

イオン化

 中性の電荷をもっていない原子や分子が,電子を受け取ったり,放出したりしてイオンになること.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

イオンか【イオン化】

中性の原子・原子団・分子などがイオンになること。電離。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のイオン化の言及

【イオン】より

… イオンは,電解質の溶解液(溶融塩)や溶液の中で生成するばかりでなく,気体放電や気体の放射線照射,分子の中での電子移動などによっても生成する。このようなイオン生成現象をイオン化あるいは電離という。とくに解離あるいは放射線によってイオンが生じる場合は電離と呼ぶのがふつうである。…

【電離】より

…化合物が解離してイオンを生ずる現象。イオン化ともいう。気相中で化合物MXを電離してMとXとにするには,Mのイオン化エネルギーIMとXの電子親和力EXとの差(IMEX)にMXの解離エネルギーDを加えただけのエネルギー(IMEXD)が必要である。…

※「イオン化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

イオン化の関連情報