コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

濃縮ウラン のうしゅくウランenriched uranium

5件 の用語解説(濃縮ウランの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

濃縮ウラン
のうしゅくウラン
enriched uranium

天然ウランに比べて,核分裂性同位体のウラン235濃度を高めたウラン天然ウラン中のウラン235の濃度は 0.72%であるが,六フッ化ウランを使用したガス拡散法遠心分離法などによってその濃度を高めることができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

のうしゅく‐ウラン【濃縮ウラン】

天然ウラン中に0.72パーセントしか含まれていないウラン235の濃度を人工的に高めたウラン。軽水炉では2~4パーセントに濃縮したものが使用される。濃縮の方法には、ガス拡散法遠心分離法イオン交換法などがある。EU(enriched uranium)。→高濃縮ウラン低濃縮ウラン

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

濃縮ウラン【のうしゅくウラン】

3種の同位体(質量数234,235,238)からなる天然ウラン中に存在する核分裂性の235Uの比率(0.72%)を人工的に高めたウラン。235Uの百分率を濃縮度といい,数%の低濃縮ウランから90%前後の高濃縮ウランまで種々ある。
→関連項目核燃料増殖炉転換炉劣化ウラン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

のうしゅくウラン【濃縮ウラン】

核燃料となるウラン二三五の存在比を、天然のウラン中の存在比0.71パーセントより高くしたもの。原子爆弾には存在比93パーセント以上、一般の動力炉には3~4パーセントのものが使われる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

濃縮ウラン
のうしゅくうらん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の濃縮ウランの言及

【ウラン】より

…天然に存在するウラン(天然ウラン)は,質量数234,235,238の3種の同位体から構成されており,これに含まれる核分裂性の235Uの割合はわずか約0.7%にすぎず,約99.3%は非核分裂性の238Uである。ウラン濃縮によって235Uの割合を高めたものを濃縮ウランenriched uraniumと呼ぶ。天然ウラン,濃縮ウランはともに核燃料として使用される。…

【核燃料サイクル】より

…日本では,新型転換炉とよばれる原子炉がこのために運転中である。
[燃料ウランの種類による違い]
 原子炉の設計・運転の考え方によって核燃料サイクルの基本構成が変わってくるいま一つの点は,その原子炉で用いられるUが天然ウランか濃縮ウランかの違いである。軽水炉では中性子が減速材である軽水に吸収されむだに消費される割合が高いため,中性子の発生割合を高めておく必要があり,235Uの比率が2~3%の濃縮ウランを用いる。…

【原子力】より

…核分裂現象発見の論文が発表されたのが1939年1月で,科学者を代表してアインシュタインがローズベルトへ書簡を送ったのが同年8月であった。 マンハッタン計画では,まず,235Uの濃度の高い濃縮ウランをつくることが最大の課題となった。何百例という技術的方法が検討され,最終的に1944年,ガス拡散法とよばれる方法の開発に成功,翌45年,テネシー州オーク・リッジのウラン濃縮工場から最初のガス拡散法による濃縮ウランが送り出された。…

※「濃縮ウラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

濃縮ウランの関連情報