レーダー測距(読み)レーダーそっきょ

世界大百科事典 第2版の解説

レーダーそっきょ【レーダー測距】

レーダーを用いて距離を測定すること。測距にはあらかじめ測定距離を決めて用い,電波速度と往復時間の積から距離を求める。パルスレーダーを用いるときはパルス幅で距離分解能が決まる。パルス幅が10-6秒のとき長さは150mとなる。パルス幅,反射物,反射物体付近からの反射などで数十mの測定誤差を生ずる。 遠距離の測定例には,天文分野における惑星のレーダー観測がある。惑星のレーダー観測は1960年代初頭から始まり,金星,水星,火星へと広がっていった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android