コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レ・ホン・フォン Le Hong Phong

世界大百科事典 第2版の解説

レ・ホン・フォン【Le Hong Phong】

1902‐42
インドシナ共産党の初期指導者。本名レ・フイ・ゾアン。妻はボー・グエン・ザップの妻の姉グエン・ティ・ミン・カイ。ゲアン省フングエン県の農家の生れ。1924年抗仏組織タムタム社(1923設立)に参加,その後ホー・チ・ミンの指示により中国の黄埔軍官学校,ソ連のパイロット養成学校などで軍事理論,マルクス=レーニン主義を学んだ。34年コミンテルンの指示に従ってベトナムの国外にインドシナ共産党指導委員会が設立されるとその委員長となり,ベトナム国内で分裂した党組織の再統一にあたった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

レ・ホン・フォンの関連キーワード[各個指定]工芸技術部門正岡子規熱雲サウド家シング(John Millington Synge)メリエスバルフォアコワニエサムスシャウプ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android