五島(読み)ゴトウ

デジタル大辞泉の解説

ごとう【五島】[地名]

長崎県、五島列島南西部の市。福江(ふくえ)島、久賀(ひさか)島、奈留(なる)島などからなる。遣唐使の最後の寄港地、海外交易の拠点として栄えた。平成16年(2004)福江市、富江町、玉之浦(たまのうら)町、三井楽(みいらく)町、岐宿(きしく)町、奈留町が合併して成立。人口4.1万(2010)。
五島列島」の略。

ごとう【五島】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「五島」姓の人物
五島慶太(ごとうけいた)
五島清太郎(ごとうせいたろう)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごとう【五島】

「五島列島れつとう」の略。
長崎県西部、五島列島南西部の市。中心の福江は、近世、五島氏の城下町で、五島列島の表玄関。

ごとう【五島】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ごとう ゴタウ【五島】

[1]
[二] 長崎県五島列島の主要な五つの島。以前は宇久、中通(なかどおり)、若松、奈留、福江の五つをさしたが、現在は宇久を除き久賀(ひさか)島を加えた中通以南の島々をさす。
[三] 長崎県、五島列島南西部の地名。福江島、久賀島、奈留島などからなる。平成一六年(二〇〇四)福江市と周辺の五町が合併して成立した市。
[2] 〘名〙 「ごとうずるめ(五島鯣)」の略。
※雑俳・柳多留‐七四(1822)「松前と五島めて度台へ乗り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五島の関連情報