コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五島 ゴトウ

4件 の用語解説(五島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ごとう【五島】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「五島」姓の人物
五島慶太(ごとうけいた)
五島清太郎(ごとうせいたろう)

ごとう【五島】[地名]

長崎県、五島列島南西部の市。福江(ふくえ)島、久賀(ひさか)島、奈留(なる)島などからなる。遣唐使の最後の寄港地、海外交易の拠点として栄えた。平成16年(2004)福江市、富江町、玉之浦(たまのうら)町、三井楽(みいらく)町、岐宿(きしく)町、奈留町が合併して成立。人口4.1万(2010)。
五島列島」の略。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ごとう【五島】

「五島列島れつとう」の略。
長崎県西部、五島列島南西部の市。中心の福江は、近世、五島氏の城下町で、五島列島の表玄関。

ごとう【五島】

姓氏の一。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

五島の関連情報