コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロイオス教会 ロイオスキョウカイ

デジタル大辞泉の解説

ロイオス‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【ロイオス教会】

Igreja dos Lóios》ポルトガル中南部の都市エボラの旧市街にある教会。15世紀、ディアナ神殿の隣に建造。18世紀の大地震の後、正面入口の一部を除いて改築。内壁はアズレージョというタイルで飾られている。エボラ大聖堂ディアナ神殿サンフランシスコ教会などとともに、城壁に囲まれた旧市街全体が1986年に「エボラ歴史地区」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ロイオス教会の関連キーワードエボラのサンフランシスコ教会エボラカテドラル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android