ロイ・ハリス ジェンキンズ(英語表記)Roy Harris Jenkins

20世紀西洋人名事典の解説


1920.11.11 -
英国の政治家。
元・EC委員長,元・英国社会民主党党首。
第二次大戦従軍後、1948年労働党下院議員となる。ウィルソン内閣で’65年内相、’67〜70年蔵相を歴任。’70〜’72年までは労働党副党首を務め、欧州共同体加盟支持の旗頭であり’77〜81年にはECの委員長となる。’81年左派の台頭で社会民主党を結成し初代党首となる。著書に「Pursuit of progress」(’53年)、「Nine men of power」(74年)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android