ロウヤシ(英語表記)carnauba

翻訳|carnauba

世界大百科事典 第2版の解説

ロウヤシ【carnauba】

蠟を生産することで有名なヤシ科の高木で,ブラジルロウヤシBrazilian wax palmともいう。幹は高さ10~13mとなり,基部はややふくれる。葉は掌状円形,径1~1.5mで深裂する。裂片は60個ぐらい,線状披針形で先端はとがる。葉柄は長く,葉の表面は白色の蠟でおおわれている。肉穂花序は長さ約2m,直立分岐し,多数の小さい花をつける。花は雌雄同株,両性花。果実は卵形,径約2.5cmで褐色に熟す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のロウヤシの言及

【ヤシ(椰子)】より

サゴヤシ(イラスト)は幹からデンプンが採取され,サラッカは果実が果物になることで有名である。またつや出しワックスで有名なカルナウバ蠟(ろう)carnauba waxは南アメリカ産のカルナウバヤシCopernicia ceriferaの葉から採取される。アレカヤシ(ビンロウ)のように果実にアルカロイドを含有し,興奮性の嗜好料に使われるものもある。…

※「ロウヤシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android