コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロウヤシ carnauba

翻訳|carnauba

1件 の用語解説(ロウヤシの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ロウヤシ【carnauba】

蠟を生産することで有名なヤシ科の高木で,ブラジルロウヤシBrazilian wax palmともいう。幹は高さ10~13mとなり,基部はややふくれる。葉は掌状円形,径1~1.5mで深裂する。裂片は60個ぐらい,線状披針形で先端はとがる。葉柄は長く,葉の表面は白色の蠟でおおわれている。肉穂花序は長さ約2m,直立分岐し,多数の小さい花をつける。花は雌雄同株,両性花。果実は卵形,径約2.5cmで褐色に熟す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のロウヤシの言及

【ヤシ(椰子)】より

サゴヤシ(イラスト)は幹からデンプンが採取され,サラッカは果実が果物になることで有名である。またつや出しワックスで有名なカルナウバ蠟(ろう)carnauba waxは南アメリカ産のカルナウバヤシCopernicia ceriferaの葉から採取される。アレカヤシ(ビンロウ)のように果実にアルカロイドを含有し,興奮性の嗜好料に使われるものもある。…

※「ロウヤシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ロウヤシの関連キーワードカナリーヤシアサイー油椰子米所砂糖椰子名水産油サラカヤシ食料生産生産 (breeding)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone