コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初島 はつしま

10件 の用語解説(初島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

初島
はつしま

和歌山県北西部,有田市北西部の地区。旧町名。 1962年有田市に編入。紀伊水道に臨む工業地区で,石油精製工場があり,北東に続く海南市の下津とともに下津臨港石油工業地域を形成。 JR紀勢本線初島駅がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

初島
はつしま

静岡県最東端,相模湾に浮ぶ島。熱海市に属し,中心市街地熱海の南東約 10kmの沖にある。南北 0.6km,東西約 1.2km,面積 0.44km2玄武岩から成る台地状の小島。江戸時代以降戸数 42戸に定められ,次男,三男は島を離れる慣行が存続していた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

初島
はつしま

別称筑後初島。福岡県南西端,有明海にある人工島。大牟田市に属し,その沖合い約 2kmに位置する。直径 135mの円形をなす。三井三池鉱業所が有明海底の炭層を採掘するため,石炭採掘現場の排気施設として 1949年着工,約2年の歳月を費やして完成された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はつ‐しま【初島】

静岡県熱海市に属する島。網代港の東の沖合にある。近世以降、戸数を41戸に保ち、共同体として運営。観光地。
[補説]もと「はしま」と読み、「端島」とも書いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

初島【はつしま】

静岡県熱海市に属する小島。市街の南東約10kmに浮かぶ低平な段丘島で,面積0.35km2。耕地は各戸平等に分割され,共同漁業の労働力維持のため,天保年間(1830年―1844年)以来戸数は42戸と決められていた。
→関連項目熱海[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

初島

福岡県大牟田市沖、有明海に浮かぶ人工島。1949年着工、1951年完成。三井三池炭鉱の通気口として三井鉱山により造成されたもの。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はつしま【初島】

相模灘に浮かぶ小島。静岡県熱海市に属する。古くは波津幾(はつき)島,波(は)島とも呼ばれた。熱海港の南東沖合約10kmに位置し,集落は北岸の平地にある。面積0.35km2。玄武岩質溶岩からなる台地状の島で最高点の標高は51m,周囲は海食崖にかこまれる。耕地や用水に恵まれず,共同漁業の労働力と収益均分制を維持するため,江戸時代から戸数は42戸と決められ,イサキの追込網をはじめ,テングサアワビサザエなどの漁業を生業とし,漬物用のダイコンの特産もみられたが,熱海港,伊東港から定期船が就航し観光地化がすすんだため,民宿やレジャー施設が増加した。

はつしま【初島】

福岡県大牟田市新開町の沖合約2kmにある人工島。直径134.5mの円形で標高8.5m。陸上部を掘りつくして海底の炭層を採掘中の三井鉱山三池炭鉱が,坑内の排気のために約2年をかけて1951年に築造し,中央に坑底まで内径7m,深さ191.4mの排気立坑を54年に完成した。また70年には,陸地より5.5kmの沖合に,新鮮な空気を坑内へ送るために直径92mの人工島三池島が完成した。【土井 仙吉】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はつしま【初島】

静岡県熱海市の市街の南東方10キロメートルの沖合にある小島。近世以降戸数を四二戸前後に保ち共同体の生活を守った。1980年(昭和55)の送水パイプ完成後は観光地化が進んだ。旧名、端島はしま

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県〕初島(はつしま)


静岡県東部、熱海(あたみ)港沖の相模灘(さがみなだ)に浮かぶ島。面積0.4km2。火山性の溶岩台地からなり、海岸には海食崖(かいしょくがい)が発達。熱海市に属する。共同漁業の労働力維持や可耕面積の制約などで近世から戸数は42戸前後に維持されてきた。漁業が盛んだが、初島バケーションランド(現在は初島アイランドリゾート)が建設されて、観光地化。水道水は海底パイプラインで供給される。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

初島の関連キーワード静岡県熱海市熱海静岡県熱海市伊豆山静岡県熱海市泉静岡県熱海市上多賀静岡県熱海市桜町静岡県熱海市中央町静岡県熱海市渚町静岡県熱海市西山町静岡県熱海市初島静岡県熱海市和田町

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

初島の関連情報