コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロウ山 ロウざん

世界の観光地名がわかる事典の解説

ロウざん【ロウ山】

中国の山東省青島(チンタオ)市の東約50kmのところにある、奇岩怪石の黒色花崗岩(かこうがん)でできた岩山(標高1133m)。宋の時代ごろから道教の聖地・修行場として知られるようになり、山中にはたくさんの道教寺院がある。太清宮、上清宮、明霞洞などの道教寺院のほか、龍潭瀑(滝)や眺望のすばらしいポイントなど見どころが多く、観光だけでなく、ハイキングなどでも人気を集めている。麓から中腹の上清宮まで登ることができるリフトがあるため、青島からの1日観光も可能である。なお、山中には清流や泉が多く、この清廉な水は青島ビールにも使用されている。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

ロウ山の関連キーワードブルー山脈

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android