コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロクス Rochus

世界大百科事典 第2版の解説

ロクス【Rochus】

1295ころ‐1327ころ
キリスト教の聖人。フランス南部のモンペリエの生れ。伝説によれば,ローマへの巡礼の途中,イタリア北部で多くのペスト患者を看護しいやした。ロクス自身も感染したが,天使と犬に救われた。後に無実の罪で捕らわれ,獄死。ペストなどの伝染病から人々を守ると信じられ,15世紀以降西欧で広く崇拝された。美術に表される場合は一般に,帽子と外套をつけ杖と袋を持つ巡礼の姿で,服の裾をまくって足のペスト傷を露わにし,犬を伴う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ロクスの関連キーワードルーセル(Raymond Roussel)パイロクスマンガン石(データノート)ジェームズ2世[スコットランド王]ビーストン・スティプルフォードチャールズ・S. マイノットロクスビー鉱(データノート)パイロクスフェロアイトトランキリティアイトパイロクスマンガン石ブルック・ファームレーモン ルーセルルイス ファラカンブルック・ファームサマセット(伯)ラ・ロクスラーヌクスクス(動物)アトキンソンロクスビー鉱リバーランド放射線増感剤

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android