ロクセンフエダイ(読み)ろくせんふえだい(英語表記)fivelined snapper

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロクセンフエダイ
ろくせんふえだい / 六線笛鯛
fivelined snapper
[学]Lutjanus quinquelineatus

硬骨魚綱スズキ目フエダイ科に属する海水魚。伊豆半島以南の太平洋沿岸、南西諸島や小笠原(おがさわら)諸島沿岸、南西太平洋、インド洋、紅海の沿岸域に分布する。前鰓蓋骨(ぜんさいがいこつ)後縁中央に深い欠刻(切れ込み)がある。背びれは10棘(きょく)13~14軟条。体は黄色で、体側に5条、頭部に6条の青白色縦帯があることが本種の特徴であり、これが和名の由来となっている。全長は最大で約38センチメートルになるが、普通は20センチメートル。沿岸岩礁域やサンゴ礁域の水深2~40メートルに群遊し、ときには100個体を超える。ニュー・カレドニアでは産卵は一年中行われるが夏に盛期がある。肉食性魚類でなんでも食べる。琉球(りゅうきゅう)諸島ではおもに追込み網で漁獲される。白身魚で、重要な食用魚であるが、観賞魚としても飼育される。よく似たヨスジフエダイは体側に4条の青白色縦帯があることで本種と区別できる。[赤崎正人・尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android