コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロケットサラダ rocket salad

デジタル大辞泉の解説

ロケット‐サラダ(rocket salad)

アブラナ科の一年草。地中海沿岸原産。地中海沿岸地方ではサラダ用ハーブとして愛用されている。和名キバナスズシロ。ロケットルケッタルコラ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ロケットサラダ【rocket salad】

アブラナ科の一年草、キバナスズシロ草。地中海沿岸原産。葉はへら形から長楕円形、緑色で柔毛が散在している。葉にはゴマに似た風味と辛みがあり、サラダに用いられる。また種からは油をとる。ルッコラ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロケットサラダ
ろけっとさらだ
[学]Eruca sativa L.

アブラナ科の一年草。地中海沿岸地域原産。古代ギリシア・ローマ時代から栽培される。茎は高さ約80センチメートルとなり、8~9月に開花する。花色は品種により異なるが、白いものが多く、開花後黄色に変わるので、和名をキバナスズシロという。花弁には紫色の脈紋様がある。若葉は風味と浅い辛味があり、サラダに用い、中国料理にも用いられる。種子には油があり、絞って菜種油の代用とする。
 栽培は、3~5月または8~10月に種を播(ま)き、草丈20センチメートルのころに収穫する。日本には明治以降に伝来したが、あまり広まらなかった。しかし、発芽したばかりの若芽が、カイワレナとして普及してきている。[星川清親]
 また、イタリア語名のルッコラ、ルコラとして流通することも多い。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ロケットサラダの関連キーワードロケット(植物)カイワレナアブラナ科ルッコラ辛み柔毛

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロケットサラダの関連情報