ロザンナ スキャッフィーノ(英語表記)Rosanna Schiaffino

20世紀西洋人名事典の解説


1938.11.25 -
イタリア女優
ジェノヴァ生まれ。
子供の頃から女優を志し、演劇学校在学中にカバー・ガールとなって一躍スターとなる。1956年喜劇王トトの「Totò,lascia o raddoppia」で映画デビューし、以後美貌と抜群のスタイルで人気を得、「La corruzione」(’63年)、「長い船団」(’64年)などに出演。’63年プロデューサーのアルフレード・ビーニと結婚、また、’64年にはイタリア映画特使として来日した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android