コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロシア・メシアニズム

1件 の用語解説(ロシア・メシアニズムの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ロシア・メシアニズム

近代ロシア社会思想。系譜的には18世紀の思想家フォンビージンにまでさかのぼることができるが,1840年代に形成されたスラブ派に特に顕著な考え方であった。市民革命産業革命とによって激動を続ける西ヨーロッパに近代文明の行詰りを認め,その原因がローマカトリック教会の理性主義的・論理主義的考え方にあるとみなした。そこで,信仰共同体の回復を目指し,そのための基礎としてロシア正教会の優位を主張した。I.V.キレエフスキーやホミャコーフら初期スラブ主義においては,〈正教〉の救済的役割に重点が置かれていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ロシア・メシアニズムの関連キーワード近代スラブ主義ミハイロフスキーコロシアム小ロシアロシア社会民主労働党ロシアの恋人城塚登平貞蔵水田洋

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone