ロシュ・ホールディング(英語表記)Roche Holding Ltd.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スイスの世界有数の医療品メーカー。 1896年設立。カナダのサパクとスイス独特の双子会社体制をとっていたが,サパクの業績悪化によって組織を一本化。持株会社ロシュ・ホールディングのもとに実際の業務を担当するF・ホフマン・ラ・ロシュを新設し,サパクは直接子会社となった。 90年遺伝子工学分野でアメリカのトップであるジェネテックの株式を 60%取得。 91年アメリカのサラ・リーの大衆薬事業部門ニコラスを,94年にはアメリカの医薬品会社シネティックをそれぞれ買収。主力製品はビタミン剤のほか,セファロスポリン,抗生物質バクロリム,インターフェロンのロフェロンA,診断関連のコバス分析システムなど。 97年コランジュグループを買収してベーリンガー・マインハイム社を傘下に収め,心臓,骨質,腎疾患分野を強化したほか,整形外科用品のトップメーカーであるドピュイ社の株式も 84%取得した。さらにアメリカのテイスト・メーク社を買収して香料部門の拡充もはかった。年間売上高 187億 6700万フラン,総資産 547億 7600万フラン,従業員数5万 1643名 (1997) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特任教授

大学・研究機関で特定有期雇用教員について、便宜上「教授」などの名を付したもの。外部研究資金によるプロジェクト等により、講座を開いたり学生の指導をしたりなど、特別の必要があるとき、期間を限って教員を特別...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android