コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロタリ王法典 ロタリおうほうてんEdictum Rotharii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロタリ王法典
ロタリおうほうてん
Edictum Rotharii

632年,スエビ系ゲルマン民族の一種族であるランゴバルド王国のロタリ王が制定したランゴバルド人の部族法 (→ランゴバルド法 ) 。ゲルマン部族法典のなかで,構成の明瞭性,表現方法の厳格性,法的思索の水準の高さの点において,最も卓越した組織的統一法典である。ザクセン,アンゲルザクセンおよび北ゲルマンの諸部族法と強度の親近性を示し,また,フランク法とも若干の関係のあったことを示している。ランゴバルド王権の強化,経済の発達,キリスト教の社会生活に対する感化の深まりなどによってロタリ王法典の改正の必要が生じ,リウトプランド王 (在位 712~744) およびその後継者が新勅法を追加した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ロタリ王法典の関連キーワードランゴバルド族

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android