コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロタリ王法典 ロタリおうほうてんEdictum Rotharii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロタリ王法典
ロタリおうほうてん
Edictum Rotharii

632年,スエビ系ゲルマン民族の一種族であるランゴバルド王国のロタリ王が制定したランゴバルド人の部族法 (→ランゴバルド法 ) 。ゲルマン部族法典のなかで,構成の明瞭性,表現方法の厳格性,法的思索の水準の高さの点において,最も卓越した組織的統一法典である。ザクセン,アンゲルザクセンおよび北ゲルマンの諸部族法と強度の親近性を示し,また,フランク法とも若干の関係のあったことを示している。ランゴバルド王権の強化,経済の発達,キリスト教の社会生活に対する感化の深まりなどによってロタリ王法典の改正の必要が生じ,リウトプランド王 (在位 712~744) およびその後継者が新勅法を追加した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ロタリ王法典の関連キーワードランゴバルド族

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android