コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロターリ Rothari

世界大百科事典 第2版の解説

ロターリ【Rothari】

?‐652
ランゴバルド王国の王。在位636‐652年。カトリックへの改宗に先立つ時期のこの部族の歴代の王の中では,ゲルマン人支配者の伝統とアリウス派キリスト教の信仰を固く守り続けたほとんど最後の人物で,その厳格な支配にまつわる挿話は数多い。イタリア北部に残存したビザンティン帝国領を征服,領有したほか,内政面でも王国の基礎固めに尽力したが,何よりも彼の名を高からしめる結果となったのは,この部族の初の立法事業の成果である〈ロターリ王法典Edictum Rothari〉(643)である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ロターリの関連キーワードリウトプランド(ランゴバルド国王)ウィルヘルム・マイスターランゴバルド法リウトプランドミニョン