ロピオドン(英語表記)Lophiodon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロピオドン
Lophiodon

奇蹄目バク上科に属し絶滅したロピオドン科の代表属。ロヒオドンともいう。現生のバクに似た動物。前肢は 4指,後肢は 3指である。門歯は鋭くとがり,犬歯は円錐形をなし,臼歯は斜めに走る 2横背をもち,上下両顎の左右に 6本ある。大きさはバクとサイの中間ぐらい。古第三紀始新世中期から後期にヨーロッパ,アジアに生息した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android