ロピオドン(英語表記)Lophiodon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロピオドン
Lophiodon

奇蹄目バク上科に属し絶滅したロピオドン科の代表属。ロヒオドンともいう。現生のバクに似た動物。前肢は 4指,後肢は 3指である。門歯は鋭くとがり,犬歯は円錐形をなし,臼歯は斜めに走る 2横背をもち,上下両顎の左右に 6本ある。大きさはバクとサイの中間ぐらい。古第三紀始新世中期から後期にヨーロッパ,アジアに生息した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android