ロベルト・カルロス(読み)ロベルトカルロス(英語表記)Roberto Carlos

最新 世界スポーツ人名事典の解説

ロベルト・カルロス(ロベルトカルロス)
Roberto Carlos
サッカー

サッカー選手
生年月日:1973年4月10日
国籍:ブラジル
出生地:サンパウロ
別名等:本名=Roberto Carlos da Silva
経歴:1991年ウニオン・サンジョアン、’92年パルメイラスを経て、’95年イタリアのインテルに入団。’96年スペインのレアル・マドリードに移籍、’96〜97年シーズン、リーグ優勝し、’98年チームのトヨタ杯(現・クラブW杯)優勝に貢献。2000〜2001年、2002〜2003年、2006〜2007年シーズン、リーグ優勝。4度のリーグ優勝と、3度の欧州チャンピオンズリーグ優勝に貢献した。2007〜2008年シーズン、トルコのフェネルバチェに移籍。その後、ブラジルのコリンチャンスを経て、2011年9月ロシア1部リーグのアンジと選手兼暫定監督として契約を結ぶ(監督は12月まで)。一方、18歳でブラジル代表に選出され、1998年W杯フランス大会準優勝、2002年W杯日韓共催大会優勝の原動力となった。2006年W杯ドイツ大会ベスト8。2012年8月現役引退を表明。攻撃的な左サイドバックとして、ブラジル代表戦に128試合出場。現役時代は168センチ、70キロ。日本では“ロベカル”の愛称で人気があった。

出典 日外アソシエーツ「最新 世界スポーツ人名事典」最新 世界スポーツ人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ロベルト・カルロス

生年月日:1973年4月10日
ブラジルのサッカー選手

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

現代外国人名録2016の解説

ロベルト・カルロス
Roberto Carlos

職業・肩書
サッカー監督・選手(デリー・ダイナモス・DF)

国籍
ブラジル

生年月日
1973年4月10日

出生地
サンパウロ

本名
シウバ,ロベルト・カルロス・ダ〈Silva,Roberto Carlos da〉

経歴
1991年ウニオン・サンジョアン、’92年パルメイラスを経て、’95年イタリアのインテルに入団。’96年スペインのレアル・マドリードに移籍、’96〜97年シーズン、リーグ優勝し、’98年チームのトヨタ杯(現・クラブW杯)優勝に貢献。2000〜2001年、2002〜2003年、2006〜2007年シーズン、リーグ優勝。4度のリーグ優勝と、3度の欧州チャンピオンズリーグ優勝に貢献した。2007〜2008年シーズン、トルコのフェネルバフチェに移籍。その後、ブラジルのコリンチャンスを経て、2011年ロシア1部リーグのアンジと選手兼暫定監督として契約を結び、2012年引退。一方、18歳でブラジル代表に選出され、1998年W杯フランス大会準優勝、2002年W杯日韓共催大会優勝の原動力となった。2006年W杯ドイツ大会ベスト8。“悪魔の左足”と恐れられたFKなどを武器に、攻撃的な左サイドバックとしてブラジル代表戦に128試合出場した。引退後、2013年よりトルコで監督生活をスタート。2015年監督兼選手としてインドのデリー・ダイナモスで現役復帰。168センチ、70キロ。日本では“ロベカル”の愛称で人気がある。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロベルト・カルロスの関連情報