コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロボットハンド ロボットハンドrobot hand

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロボットハンド
robot hand

ロボット用マニュピュレータの先端に取り付けられる,人間の手を模したようなもので,ハンドリング作業を実行する効果器。この機能を高度化するには,指の本数,自由度数の設計が重要になる。産業用ロボットのハンドで最も多いのが単純な2本指ハンドで,対象物を挟み込んで把持する。これに対して指が3本,5本といった多数の場合を多指ハンド multi-fingered handという。多指のうちの1本は親指の役割を果たすように,他の指と対向する1本とする。多指ハンドでは,握り動作のほかに「操り」と称する対象物体の自在なハンドリングが可能となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ロボット‐ハンド(robot hand)

ロボットの手の先端部となっている部品。つかんだり、はさんだりするのに適した形状と運動様式をもつ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ロボットハンドの関連キーワードテレイグジスタンス技術アクティブセンシングかいこう七〇〇〇Ⅱ学習制御ロボットしんかい6500近接覚センサ触覚センサかいこう経路制御

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロボットハンドの関連情報