コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロマノス・メロドス Rōmanos Melōdos

1件 の用語解説(ロマノス・メロドスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ロマノス・メロドス【Rōmanos Melōdos】

6世紀の教会詩人。東方正教会の聖人。生没年不詳。コンタキオンkontakionと呼ばれた,音楽を伴った説教詩を1000残したといわれるが,そのうち85が伝わるのみで,また音楽そのものは伝えられていない。シリア出身(一説にユダヤ教徒)。作品は,豊富な比喩的表現,大胆な対立命題,演劇的な高揚を駆使した世界文学の傑作とされる。ベイルート復活教会の輔祭で,伝説によれば,コンスタンティノープルの聖母教会でキリスト降誕祭の夜,夢で聖母自身から巻物を与えられてそれを飲み,〈この日聖母は〉を歌いはじめたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ロマノス・メロドスの関連キーワード司教ロシア正教会ギリシャ正教会正教会西方教会東方教会ローマカトリック教会WCC聖サワ教会東西教会の分裂

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone