コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロマノス・メロドス Rōmanos Melōdos

世界大百科事典 第2版の解説

ロマノス・メロドス【Rōmanos Melōdos】

6世紀の教会詩人。東方正教会の聖人。生没年不詳。コンタキオンkontakionと呼ばれた,音楽を伴った説教詩を1000残したといわれるが,そのうち85が伝わるのみで,また音楽そのものは伝えられていない。シリア出身(一説にユダヤ教徒)。作品は,豊富な比喩的表現,大胆な対立命題,演劇的な高揚を駆使した世界文学の傑作とされる。ベイルートの復活教会の輔祭で,伝説によれば,コンスタンティノープル聖母教会でキリスト降誕祭の夜,夢で聖母自身から巻物を与えられてそれを飲み,〈この日聖母は〉を歌いはじめたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android