コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロングフォード ロングフォード Longford

2件 の用語解説(ロングフォードの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ロングフォード(Longford)

オーストラリア、タスマニア州北部の町。ローンセストンの南約20キロメートル、マッコーリー川とサウスエスク川の合流点に位置する。入植者が建てた教会や共同墓地、19世紀前半の豪農の大邸宅などが残っている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ロングフォード Longford, Joseph Henry

1849-1925 イギリスの外交官,東洋学者。
1849年6月25日生まれ。明治2年(1869)見習通訳として来日。東京,神戸,函館,長崎の領事をつとめ,35年退任。帰国後ロンドン大の日本語教授,ロンドン-ジャパン-ソサエティー副会長などをつとめた。1925年5月12日死去。75歳。アイルランドクイーンズ大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ロングフォードの関連キーワードエルギン外交官マンシーイギリスオランダ戦争イギリス巻イギリスの名車Miniバースデーの日稲垣満次郎パスケ=スミスワイルマンイギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone