コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロングフォード Longford

デジタル大辞泉の解説

ロングフォード(Longford)

オーストラリア、タスマニア州北部の町。ローンセストンの南約20キロメートル、マッコーリー川とサウスエスク川の合流点に位置する。入植者が建てた教会や共同墓地、19世紀前半の豪農の大邸宅などが残っている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ロングフォード Longford, Joseph Henry

1849-1925 イギリスの外交官,東洋学者。
1849年6月25日生まれ。明治2年(1869)見習通訳として来日。東京,神戸,函館,長崎の領事をつとめ,35年退任。帰国後ロンドン大の日本語教授,ロンドン-ジャパン-ソサエティー副会長などをつとめた。1925年5月12日死去。75歳。アイルランドのクイーンズ大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

ロングフォードの関連キーワードエドワード・アーサー・ヘンリ パケナムフランシス・イシドロ エッジワースパードリク コラムロングフォード県ロイヤル運河オブライエンローヤル運河エッジワースレイノルズレンスターイギリス外交官コラム

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android