コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロンドン交響曲

2件 の用語解説(ロンドン交響曲の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

ロンドン交響曲

オーストリアの作曲家ヨーゼフ・ハイドンの交響曲第93-104番(1791-1795)の総称。原題《Londoner Sinfonien》。『ザロモン交響曲』、『ロンドンセット』とも呼ばれる。ヨハン・ペーター・ザロモンの招きでロンドンを訪問する際に作曲された全12曲を指す。

ロンドン交響曲

イギリスの作曲家レイフ・ヴォーン・ウィリアムズの交響曲第2番(1912-13)。原題《A London Symphony》。ロンドンの街の一日を描写した作品。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロンドン交響曲の関連キーワードマーキュリーマリア・テレジアラウドンラルゴ驚愕哲学者ハイドン四重奏曲ホルン信号ラメンタチオーネラ・ロクスラーヌ

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロンドン交響曲の関連情報