ロンドン交響曲

デジタル大辞泉プラスの解説

ロンドン交響曲

オーストリアの作曲家ヨーゼフ・ハイドンの交響曲第93-104番(1791-1795)の総称。原題《Londoner Sinfonien》。『ザロモン交響曲』、『ロンドン・セット』とも呼ばれる。ヨハン・ペーター・ザロモンの招きでロンドンを訪問する際に作曲された全12曲を指す。

ロンドン交響曲

イギリスの作曲家レイフ・ヴォーン・ウィリアムズの交響曲第2番(1912-13)。原題《A London Symphony》。ロンドンの街の一日を描写した作品。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

ロンドンこうきょうきょく〔‐カウキヤウキヨク〕【ロンドン交響曲】

《原題、A London Symphony》R=V=ウィリアムズの交響曲第2番。1912年から1913年にかけて作曲。全4楽章。ロンドンの一日を描写した作品。
ハイドンの交響曲第93番から104番までの通称。全12曲。1791年から1795年にかけて作曲。ドイツのバイオリン奏者・作曲家J=P=ザロモンの招きでロンドンを訪問する際に作曲された。ザロモン交響曲。ロンドンセット

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロンドン交響曲の関連情報