ローウェル(読み)ろーうぇる(英語表記)James Russell Lowell

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローウェル(James Russell Lowell)
ろーうぇる
James Russell Lowell
(1819―1891)

アメリカの詩人、批評家、外交官。マサチューセッツ州有数の名門の出身。ハーバード大学卒業。奴隷解放を唱える詩人であった夫人マリア・ホワイトMaria Whiteの影響で、人道主義的改革運動にもかかわった。ヤンキー方言を用い奴隷制や戦争を批判した詩集『ビグロー・ペーパーズ』(第一集1848、第二集1867)、韻文で自己も含め同朋(どうほう)作家を揶揄(やゆ)した『批評家のための寓話(ぐうわ)』(1848)など機知に富む作品が多い。夫人の死後(1853)保守的になり、ロングフェローの後を襲い、母校で近代語講座を担当(1855~1872)、雑誌編集にも従事、いわゆるヨーロッパ風の教養を身につけた「お上品な伝統」の代表格となる。スペイン、イギリス公使も務めた。[池田孝一]
『志賀勝訳『世界詩人全集 第三巻』(1953・河出書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ローウェルの関連情報