コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローカルコンテント

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ローカルコンテント

海外進出した企業が製品等を現地で生産するとき、原材料部品などを現地で調達すること。またはすべての原材料や部品などのうち、現地で調達する割合現地調達率)のこと。外国企業の進出に際し、受け入れ国が一定の割合以上の部品等の現地調達を義務づけることをローカルコンテント要求と言う。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ローカル‐コンテント(local content)

自国で生産・販売を行う外国企業に対して、一定比率以上の自国産部品の使用を義務づけること。国産化率義務づけ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ローカルコンテント【local content】

海外進出した企業が製品の現地生産を行う場合に、原材料および部品などのうち、現地で調達するものが占める割合。現地調達率。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android