コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローカル・コンテント local content

翻訳|local content

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローカル・コンテント
local content

グローバル企業の現地子会社の製造する製品のうち,部品などを現地から調達すること。地場産業を育成するために現地国政府がかけてくるさまざまな法的制約の一つ。アメリカ政府の場合,日本の現地自動車会社に対して,80%の現地調達率を課している。この算定の方法には,重量もしくは原価ベースがある。しかしローカル・コンテントを完全に達成するにはいくつかの困難がある。現地の中小企業は必ずしも技術水準が高くないため,日系の現地進出企業に頼らざるをえなくなってしまう。現地の企業を育成することは,日本の企業にとって緊急の課題だともいえよう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ローカル・コンテントの関連キーワードジョン・C. ダンフォースウルグアイ・ラウンド貿易関連投資措置協定ローカルコンテント日米包括経済協議ノックダウン輸出貿易関連投資措置オートパクト原産地規則TRIM

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android