コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローゼンブルースの公式 Rosenbluth formula

1件 の用語解説(ローゼンブルースの公式の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ローゼンブルースの公式【Rosenbluth formula】

電子・核子弾性散乱微分断面積形状因子で表現した公式.核子が構造をもつために,核子を点状電荷と仮定したときの微分断面積(dσ/dΩ)0 とは異なってくるのだが,この関係を表した次の式をローゼンブルースの公式という.

ただし,F1F2 は核子の構造を表すq2(移行四元運動量の二乗)の関数で,θ は電子の実験室系散乱角,m は核子の質量,κ はボーア核磁子を単位として測った核子の異常磁気モーメントである.

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone