コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローゼンブルースの公式 Rosenbluth formula

1件 の用語解説(ローゼンブルースの公式の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ローゼンブルースの公式【Rosenbluth formula】

電子・核子弾性散乱微分断面積形状因子で表現した公式.核子が構造をもつために,核子を点状電荷と仮定したときの微分断面積(dσ/dΩ)0 とは異なってくるのだが,この関係を表した次の式をローゼンブルースの公式という.

ただし,F1F2 は核子の構造を表すq2(移行四元運動量の二乗)の関数で,θ は電子の実験室系散乱角,m は核子の質量,κ はボーア核磁子を単位として測った核子の異常磁気モーメントである.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ローゼンブルースの公式の関連キーワードバーン菊池線ギブスの弾性クライン‐仁科の式コンプトン‐ラマン散乱シュテュッケルベルク振動バーバ散乱マッキンリー‐フェシュバッハ散乱ラザフォード散乱公式ラムザウアー‐タウンゼンド効果

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone