コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

形状因子 けいじょういんしform factor

1件 の用語解説(形状因子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

形状因子
けいじょういんし
form factor

素粒子や原子核の構造を表わす空間分布関数フーリエ変換形状因子は散乱や崩壊の実験から直接決定される。核子による電子の弾性散乱の角度分布は,もし核子が電子と同じように点状粒子であればモットの散乱公式に合うはずであるが,高エネルギーの電子が大角度に散乱される確率は公式より著しく小さいことが実験的に知られている。このずれから核子の電磁的形状因子が核子と電子の間に交換されるエネルギーと運動量の関数として決定され,核子は電子と異なり複雑な構造体であることが明らかにされた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

形状因子の関連情報