ローデシア人(読み)ローデシアじん

百科事典マイペディアの解説

ローデシア人【ローデシアじん】

ネアンデルタール人,ジャワのソロ人と類似した旧人の一つ。1921年,英領北ローデシア(現ザンビア)のブロークンヒルの洞窟で頭骨が獣骨や石器とともに発見された。大きな顔,巨大な眼窩(がんか)上隆起が顕著。ネアンデルタール旧人群中のアフリカ型といわれる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ローデシアじん【ローデシア人 Rhodesia man】

1921年,アフリカのザンビア(旧,北ローデシア)のブロークンヒル鉱山で採鉱中,偶然に労働者によって発見された人骨化石。下顎骨を欠く,完全な成人男性骨であるが,付近から四肢骨の破片も発見されている。この人骨の古さについては,種々議論があるが,人骨にともなう動物相は,絶滅したサイのほかは現生種であるので,少なくとも上部洪積世に由来したことはまちがいなさそうであり,石器もアフリカの中期旧石器時代に属するというので,旧人の一種と考える人が多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android