コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローデシア人 ローデシアじん

世界大百科事典 第2版の解説

ローデシアじん【ローデシア人 Rhodesia man】

1921年,アフリカのザンビア(旧,北ローデシア)のブロークンヒル鉱山で採鉱中,偶然に労働者によって発見された人骨化石。下顎骨を欠く,完全な成人男性骨であるが,付近から四肢骨の破片も発見されている。この人骨の古さについては,種々議論があるが,人骨にともなう動物相は,絶滅したサイのほかは現生種であるので,少なくとも上部洪積世に由来したことはまちがいなさそうであり,石器もアフリカの中期旧石器時代に属するというので,旧人の一種と考える人が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローデシア人
ローデシアじん

カブウェ人」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローデシア人
ろーでしあじん
Rhodesian man

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ローデシア人の関連キーワードネアンデルタールカブウェ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android