ローヌ・ライン運河(読み)ろーぬらいんうんが(英語表記)Canal du Rhône au Rhin

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローヌ・ライン運河
ろーぬらいんうんが
Canal du Rhne au Rhin

フランス中東部、ローヌ川の支流ソーヌ川とライン川を結ぶ内陸艀(はしけ)運河。ソーヌ河畔のサン・サンフォリアンよりブザンソン、ミュルーズなどを経てストラスブールでライン川に入る。長さ約320キロメートル。閘門(こうもん)163か所、途中2か所で分水嶺(ぶんすいれい)を越える。深さ2.2メートル。1833年に全通した。フランスの幹線系内陸水路の一つで、ライン川上流とソーヌ川上流を結んで、地中海への水路が開かれている。[青木栄一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android