コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローヌ県 ローヌRhône

翻訳|Rhône

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローヌ〔県〕
ローヌ
Rhône

フランス南東部,ローヌアルプ地域 (レジオン) の県。マシフサントラル (中央山地) 北東部,旧リヨネ州にある。県都リヨン。北から流れるソーヌ川に,東のアルプスから下ってきたローヌ川がリヨンで合流し,南下する。霧が多く,夏は暑く冬は温暖。河谷ではコムギとテンサイがつくられ,低い丘陵では有名なボージョレ・ワインのためのブドウが栽培される。工業県で,特に絹織物と被服工業は有名であるが,県人口の4分の3を占めるリヨンを中心に金属・化学工業なども盛んである。面積 3249km2。人口 150万 8966 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ローヌ県の関連キーワードサント・マリー・ド・ラ・メールサントマリードラメールモンマジュール修道院サントビクトワール山サンレミドプロバンスアンドレ シュアレスエクサン・プロバンスエクサン・プロバンスレボードプロバンスエクサンプロバンスサンソブール大聖堂ポール・ボキューズシャルル ラピックサロンドプロバンスフォンビエイユG. リペールビユールバンヌリヨン歴史地区ロンシャン宮A. ピネー

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android