ローラント・ホルスト(読み)ろーらんとほるすと(英語表記)Henriette Roland Holst-van der Schalk

  • 1869―1952

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オランダの女流詩人。斬新(ざんしん)な自由律ソネットで詩壇に華やかにデビュー(1893)。ロシアの革命思想に共鳴し、詩集『新しき誕生』(1903)、『上昇の道』(1907)にはその傾向が顕著である。またダンテの影響を強く受けた『森の女』(1912)を発表する。1927年叙事的叙情詩『英雄神話』を書いて、ロシアに決別し、宗教的社会主義に転向した。ほかに戯曲『トマス・モア』(1912)、伝記では、代表作『トルストイ』(1930)はじめ『ルソー』(1912)、『ホルテル』(1933)などがある。[近藤紀子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android