ロールプレーイング(英語表記)role-playing

翻訳|role-playing

大辞林 第三版の解説

ロールプレーイング【role-playing】

現実に似せた場面で、ある役割を模擬的に演じること。学習・カウンセリング・心理療法などに用いられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のロールプレーイングの言及

【心理劇】より

…この療法のおもな対象は神経症や心身症であるが,日本では精神病院で分裂病を対象とすることが多い。教育関係では早くから紹介され,役割訓練としての〈ロールプレーイングrole playing〉が普及している。ほかに,社会的テーマを扱う〈ソシオドラマsociodrama〉,パントマイムによる〈サイコマイムpsychomime〉などの技法がある。…

※「ロールプレーイング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android