ワイル=フェリックス反応(読み)ワイル=フェリックスはんのう(英語表記)Weil-Felix reaction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワイル=フェリックス反応
ワイル=フェリックスはんのう
Weil-Felix reaction

リケッチア性疾患の鑑別と同定に用いられる非特異的な定量凝集反応。リケッチアによる疾患の場合,変形菌 (Proteus vulgaris) の特定株に対する凝集素が出現する。たとえば,発疹チフスや発疹熱では変形菌 OX19 に,恙虫病では OXKに,ロッキー山紅斑熱では OX2 株に対し,患者血清の凝集素価が上昇する。この反応の結果から,この3株のすべてに対する凝集素を生じないQ熱を含めて,リケッチア性疾患は4型に区別される。ただ,この反応には欠点も多く,診断の補助的意味しかない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iPhone 11

アメリカのアップル社が2019年9月10日に発表したスマートフォン。日本では9月20日に、標準機種となるiPhone 11と、その上位機種であるiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android