コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワックスフラワー ワックスフラワーChamelaucium uncinatum; Geraldton waxflower

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワックスフラワー
Chamelaucium uncinatum; Geraldton waxflower

フトモモ科カメラウキウム (ワックスフラワー) 属の総称で,約 12種がウェスタンオーストラリア州の西南部に分布する低木であるが,園芸的にはカメラウキウム・ウンキナーツムをさす。葉は針葉樹様の線形で対生。よく分枝し,高さ2~3m,株張りも2~3mになる。枝の上部の葉腋や,頂部に散房花序を形成する。花径は 1.2~2.5cm。花被片は5個で,ろう質の光沢がある。花色は紫紅色や桃色,白色などがある。切り花としてオーストラリアから輸入されるほか,鉢植えに利用されている。日当りと水はけのよい環境で育てる。比較的耐寒性があり,軽い霜には耐える。過湿にすると根腐れ病にかかることがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ワックスフラワー

オーストラリア西部特産のフトモモ科の低木で,10種あまりがある。針状の葉を対生し,ろう質の花を葉腋につける。よくみかけるカメラウキウム・ウンキナツムは常緑性で,花は上部の葉腋に数個ずつつき,5弁で径約2cm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ワックスフラワーの関連情報