コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワッケンローダー溶液 ワッケンローダーようえきWackenroder’s liquid(solution)

1件 の用語解説(ワッケンローダー溶液の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ワッケンローダーようえき【ワッケンローダー溶液 Wackenroder’s liquid(solution)】

1845年,ドイツの薬学者,化学者のワッケンローダーHeinrich Wilhelm Ferdinand Wackenroder(1798‐1854)によってつくられた,二酸化硫黄の濃厚な水溶液に0℃以下の低温で硫化水素を通じて得られるコロイド状硫黄を含む白濁液をいう。コロイド状硫黄は, 2H2S+SO2―→2H2O+3Sの反応で生じ,この溶液には H2S+3SO2―→H2S4O6 2H2S+6SO2―→H2S3O6+H2S5O6 3H2S+9SO2―→H2S2O6+2H2S5O6等の反応によって,一般式[O3SSnSO3]2-(n=1,2,……)で示される各種のポリチオン酸が含まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ワッケンローダー溶液の関連キーワード後藤三右衛門(2代)スタング(父子)探偵小説中間選挙採用条件の変更競進社秋色種アレクサンドル猪飼敬所石黒忠悳

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone