ワッケンローダー溶液(読み)ワッケンローダーようえき(英語表記)Wackenroder’s liquid(solution)

世界大百科事典 第2版の解説

ワッケンローダーようえき【ワッケンローダー溶液 Wackenroder’s liquid(solution)】

1845年,ドイツの薬学者,化学者のワッケンローダーHeinrich Wilhelm Ferdinand Wackenroder(1798‐1854)によってつくられた,二酸化硫黄の濃厚な水溶液に0℃以下の低温で硫化水素を通じて得られるコロイド状硫黄を含む白濁液をいう。コロイド状硫黄は, 2H2S+SO2―→2H2O+3Sの反応で生じ,この溶液には H2S+3SO2―→H2S4O6 2H2S+6SO2―→H2S3O6+H2S5O6 3H2S+9SO2―→H2S2O6+2H2S5O6等の反応によって,一般式[O3SSnSO3]2-(n=1,2,……)で示される各種のポリチオン酸が含まれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android