コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワッケンローダー溶液 ワッケンローダーようえきWackenroder’s liquid(solution)

世界大百科事典 第2版の解説

ワッケンローダーようえき【ワッケンローダー溶液 Wackenroder’s liquid(solution)】

1845年,ドイツの薬学者,化学者のワッケンローダーHeinrich Wilhelm Ferdinand Wackenroder(1798‐1854)によってつくられた,二酸化硫黄の濃厚な水溶液に0℃以下の低温で硫化水素を通じて得られるコロイド状硫黄を含む白濁液をいう。コロイド状硫黄は, 2H2S+SO2―→2H2O+3Sの反応で生じ,この溶液には H2S+3SO2―→H2S4O6 2H2S+6SO2―→H2S3O6+H2S5O6 3H2S+9SO2―→H2S2O6+2H2S5O6等の反応によって,一般式[O3SSnSO3]2-(n=1,2,……)で示される各種のポリチオン酸が含まれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ワッケンローダー溶液の関連キーワードマルクス経済学イビーインブリーソーパーパーソンフェスカフォック後藤三右衛門(2代)エンゲルスクレーニヒ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android