コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワットスアンドーク ワットスアンドークWat Suan Dok

2件 の用語解説(ワットスアンドークの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ワットスアンドーク【ワットスアンドーク】
Wat Suan Dok

タイ北部の都市チェンマイの旧市街の外、スアンドーク門の西1kmにある大寺院。タイ三大名刹の一つとされている。チェンマイを都としたランナータイ王朝の第6代クーナー王が1383年に創建した寺院で、本堂には国内最大といわれる15世紀頃の青銅製の仏像が安置されている。境内奥には歴代のランナータイ王朝の王の遺骨を納めたチェディと呼ばれる白色の壮大な仏塔群がある。◇「ワットスアンドーク」は「花園の寺」という意味。その名前にふさわしく、境内には美しい花や樹木が多い。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ワット‐スアンドーク(Wat Suan Dok)

タイ北部の都市チェンマイの市街西部にある仏教寺院。14世紀後半、ランナータイ王国第6代王クーナーにより建立。同国有数の巨大な本堂には、青銅製の仏像を安置。境内には歴代王族の遺骨が納められた白い仏塔が林立する。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone