コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワットスアンドーク ワットスアンドーク Wat Suan Dok

2件 の用語解説(ワットスアンドークの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ワットスアンドーク【ワットスアンドーク】
Wat Suan Dok

タイ北部の都市チェンマイの旧市街の外、スアンドーク門の西1kmにある大寺院。タイ三大名刹の一つとされている。チェンマイを都としたランナータイ王朝の第6代クーナー王が1383年に創建した寺院で、本堂には国内最大といわれる15世紀頃の青銅製の仏像が安置されている。境内奥には歴代のランナータイ王朝の王の遺骨を納めたチェディと呼ばれる白色の壮大な仏塔群がある。◇「ワットスアンドーク」は「花園の寺」という意味。その名前にふさわしく、境内には美しい花や樹木が多い。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ワット‐スアンドーク(Wat Suan Dok)

タイ北部の都市チェンマイの市街西部にある仏教寺院。14世紀後半、ランナータイ王国第6代王クーナーにより建立。同国有数の巨大な本堂には、青銅製の仏像を安置。境内には歴代王族の遺骨が納められた白い仏塔が林立する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワットスアンドークの関連キーワードチェンマイマイナーチェンジ買売城シュパリーチェクプロチェ門ホルステン門レジデンツ広場タイナルモスクラビハウズチェンマイのソンクラン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone