コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワットチェディルアン ワットチェディルアン Wat Chedi Luang

2件 の用語解説(ワットチェディルアンの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ワットチェディルアン【ワットチェディルアン】
Wat Chedi Luang

タイ北部の都市チェンマイ旧市街のほぼ中央部にある寺院。チェンマイを都としたランナータイ王朝第9代のティローカラート王が、現在バンコクのワットプラケオに安置されているエメラルド仏を最初に祀るために1468年に建立した寺院で、チェンマイではワットプラシンと並んで格式が高い寺院とされている。境内にある高さ86mのパゴダ(仏塔)は、1545年に起こった地震で倒壊したが、1992年にユネスコと日本の援助で修復が行われた。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ワット‐チェディルアン(Wat Chedi Luang)

タイ北部の都市チェンマイの旧市街にある仏教寺院。14世紀末、ランナータイ王国第7代王セーンムアンマーにより建立。第9代王ティローカラートの時代に改築され、高さ86メートルの仏塔が建てられた。16世紀半ばの大地震で倒壊したが、1992年にユネスコと日本の援助により再建された。ワットチェーディールアン。
タイ北部の町チェンセーンにある仏教寺院。14世紀前半、ランナータイ王国第3代王セーンプーにより建立。チェンセーン様式とよばれる、八角形の台座をもつ高さ18メートルの仏塔がある。チェンセーン国立博物館が隣接する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワットチェディルアンの関連キーワードチェンマイマイナーチェンジコーレンマルクトチェスタの塔トゥンパ山プロチェ門ホルステン門レジデンツ広場シルケジチェンマイのソンクラン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ワットチェディルアンの関連情報