コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワットプラタートハリプンチャイ ワットプラタートハリプンチャイWat Phrathat Haripunchai

世界の観光地名がわかる事典の解説

ワットプラタートハリプンチャイ【ワットプラタートハリプンチャイ】
Wat Phrathat Haripunchai

タイ北部の都市チェンマイ近郊(同市内から乗合バスで1時間ほど)、ランプーン(ランパーン)中心部のクワン川沿いにある寺院(僧院)。モン族がこの地に建てたハリプンチャイ王国は12世紀から13世紀初めに黄金期を迎え、ランプーンを中心に数多くの寺院など建築物がつくられた。この寺院もその一つで、アシッタヤラット王の在位中に建造されたものである。白亜の門を抜けると、頂きが金色に輝く高さ46mのチェディ(つりがね型の仏塔)や、巨大な青銅のドラを吊るした赤い御堂がある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ワット‐プラタートハリプンチャイ(Wat Phra That Hariphunchai)

タイ北部の町ランプーンにある仏教寺院。12世紀初頭、ランナータイ王国初代王メンラーイにより建立。高さ46メートルの黄金の仏塔と、ハリプンチャイ様式の仏像を展示する博物館がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android