コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

どら ドラ

デジタル大辞泉の解説

どら[名]

怠惰。道楽(どうらく)。放蕩(ほうとう)。また、その人。現在では、多く「どら息子」「どら猫」など、接頭的に用いる。
「今の―がそれほどな身上を受け取って」〈滑・浮世風呂・前〉

どら[感]

[感]決心したり思い立ったりして動作を始める時に発する語。どれ。どりゃ。「どら、見てみよう」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どら

怠惰。放蕩ほうとう。道楽どうらく。また、そのような人。のら。 「わが-をさきへはなしていけんなり/柳多留 22
名詞の上に付いて、接頭語的に用いる。のら。
品行のおさまらない、道楽におぼれている、などの意を表す。 「 -息子」 「 -者」
飼い主の定まっていない、の意を表す。 「 -猫」 「 -犬」
[句項目]

どら

( 感 )
決心した時や人を促す時などに発する語。どれ。 「 -、見せてごらん」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

どらの関連キーワード30光年先のガールズエンド福井県大飯郡高浜町青戸北海道純生サンドきのらジャンボみかさ名物みかさ焼きアンサーソングどらやきの日じゃらんぽんおそいぞ武蔵町奉行日記サムルノリどらを打つ依岡希枝禅の勤め献上三笠どら打つあんだらじゃあん岡田和也どら焼き

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

どらの関連情報