コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

どら ドラ

4件 の用語解説(どらの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

どら[名]

怠惰。道楽(どうらく)。放蕩(ほうとう)。また、その人。現在では、多く「どら息子」「どら猫」など、接頭語的に用いる。
「今の―がそれほどな身上を受け取って」〈滑・浮世風呂・前〉

どら[感]

[感]決心したり思い立ったりして動作を始める時に発する語。どれ。どりゃ。「どら、見てみよう」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どら

怠惰。放蕩ほうとう。道楽どうらく。また、そのような人。のら。 「わが-をさきへはなしていけんなり/柳多留 22
名詞の上に付いて、接頭語的に用いる。のら。
品行のおさまらない、道楽におぼれている、などの意を表す。 「 -息子」 「 -者」
飼い主の定まっていない、の意を表す。 「 -猫」 「 -犬」
[句項目]

どら

( 感 )
決心した時や人を促す時などに発する語。どれ。 「 -、見せてごらん」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

どらの関連情報