ワルハラ(読み)わるはら(英語表記)Valholl

日本大百科全書(ニッポニカ)「ワルハラ」の解説

ワルハラ
わるはら
Valholl

北欧神話の主神オーディンアースガルズに所有する館(やかた)の名。ワルハラは「戦死者の館」を意味する。その屋根は黄金の盾で覆われ、そこにある540の扉からはそれぞれ一度に800名の軍勢が打って出られるという。戦場で勇敢に戦って死んだ勇士たちは、オーディンの命を受けたワルキューリによってこの館に集められ、世界の終末に来襲する巨人勢に備え昼は武事に励み、夕べは宴会を楽しむ。人々は天に昇る火葬の煙から天界に死後の世界を想像したらしく、ワルハラ信仰はバイキング時代から由来するとされる。

[谷口幸男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「ワルハラ」の解説

ワルハラ(Walhalla)

バルハラ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「ワルハラ」の解説

ワルハラ

バルハラ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のワルハラの言及

【グリーク・リバイバル】より

…こうした中で,実際にギリシアの様式を用いて建築や工芸品をつくり上げる動きが生じた。97年にはプロイセンにジリーFriedrich Gilly(1772‐1800)がフリードリヒ大王記念物の計画案を,1822年にはエジンバラにコッカレルがナショナル・モニュメント(未完)を,30‐42年にはレーゲンスブルク近郊にクレンツェがワルハラWalhallaを,それぞれパルテノン神殿を模して設計している。こうした動きはギリシア様式の復興という古典主義芸術の試みであると同時に,アクロポリスの丘を再現しようとするロマン主義的な動機に支えられたものであった。…

※「ワルハラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android