コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワーゲノフィルム Waagenophyllum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワーゲノフィルム
Waagenophyllum

刺胞動物門花虫綱四放サンゴ亜綱ロンスダレイア科の化石属。ワーゲンサンゴともいう。叢状の細枝からなる群体をつくる四放サンゴ。サンゴ個体は細長く,直径は数mmから 2cmほどで,床板は著しく傾斜し,第3次隔壁がない。古生代ペルム紀中期から後期の示準化石。当時のテチス海域を特徴づける。(→刺胞動物花虫類無脊椎動物ルゴースサンゴ類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のワーゲノフィルムの言及

【サンゴ(珊瑚)】より

…日本ではシルル紀から二畳紀にわたり,それぞれの紀に特徴的な種属が報告されており,示準化石として有効なものが多い。その例としてカルセオラCalceola,ケイチョウフィルムKueichouphyllum(貴州サンゴ)やワーゲノフィルムWaagenophyllumなどがある。 六放サンゴ類は中生代三畳紀から現在まで知られている花虫綱の一グループで,過去,現在を通じてサンゴ礁を形成してきたもっとも重要なグループである。…

※「ワーゲノフィルム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android