コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花虫類 はなむしるいAnthozoa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

花虫類
はなむしるい
Anthozoa

刺胞動物門花虫綱に属する種類の総称。現生種は八放サンゴ亜綱と六放サンゴ亜綱に大別される。ポリプ型(→ポリプ)のみで,生活史のなかでクラゲ型(→クラゲ)の時期がない。ポリプは円筒形で,上端にある口盤は触手冠(→触手)で囲まれている。外部形態は放射相称であるが,内部は左右相称形である(→相称)。石灰質や角質の外骨格または内骨格をもつものも多い。すべて海産。単体または群体で生活し,多くは他物に着生している。スナギンチャクハナギンチャクなど世界で約 6000種(うち日本産は約 1500種)が知られている。(→刺胞動物無脊椎動物

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かちゅう‐るい〔クワチユウ‐〕【花虫類】

花虫綱に属する腔腸動物の総称。群体または単体で、石灰質または角質の骨格をもつものが多い。六放サンゴ八放サンゴなどに大別される。珊瑚虫(さんごちゅう)類。はなむしるい。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かちゅうるい【花虫類】

腔腸動物(刺胞動物)門花虫綱Anthozoaに属するグループ。〈はなむしるい〉とも呼ぶ。生活史の中でポリプ型の体制だけをもちクラゲ型は出現しない。ポリプには単体のものと無性的にポリプが増えて群体をつくるものがある。体は口盤,体壁,足盤の三部からなる。口盤の周囲に触手が並び,中央に卵形や裂状の口が開いている。触手の形には単一管状のものと羽状のものとがある。ポリプの胃腔内は8枚または6の倍数の隔膜で仕切られ,放射状に室が並んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かちゅうるい【花虫類】

腔腸動物の一綱。イソギンチャク類・ウミトサカ類や各種のサンゴ類・ウミサボテン類・ウミエラ類などを含む。群体または単体で、固着性のものが多く、動物体は触手を花弁状に備えている。はなむし類。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

花虫類の関連キーワードヤドカリイソギンチャク花虫類(かちゅうるい)ウメボシイソギンチャククエイチョウフィルムミドリイソギンチャクヨロイイソギンチャクオヨギイソギンチャクコモチイソギンチャクスナイソギンチャクリソストローションルゴースサンゴ類ハナヤサイサンゴイソギンチャク類ワーゲノフィルムマルキクメイシロンスダレイアサンゴ(珊瑚)ヒドロサンゴ類タイヨウサンゴ床板サンゴ類

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android