コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワーシントン Henry Rossiter Worthington

1件 の用語解説(ワーシントンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ワーシントン【Henry Rossiter Worthington】

1817‐80
アメリカの発明家,機械技術者。ニューヨークで,技術者でもあった製粉工場主の息子として生まれた。中学校を卒業後,ニューヨーク市の推進機式運河ボートの懸賞募集に対し,父の援助を受けて,蒸気機関と推進器をもつボートを作った。懸賞は得られなかったが,これが,彼を機械技術者として歩ますこととなった。ボート建造のなかで,直動式ボイラー給水ポンプを初めて作り,1840年特許を得た。父の援助のもとに,ポンプ工場を設立,その経営にあたるとともに,1845‐55年に,水量計,ウォーシントンポンプと呼ばれる蒸気往復ポンプ工作機械など多くの発明を行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のワーシントンの言及

【ポンプ】より

…(1)往復ポンプ ワットの蒸気機関の発明により,蒸気動力を利用した往復ポンプの基礎が確立され,イギリスで改良が加えられた。19世紀になりアメリカのワーシントンHenry Rossiter Worthington(1817‐80)によりさらに改良され,とくに1859年に製作された2シリンダーの往復ポンプ形式のものは,今日でもウォーシントンポンプとして使用されている。往復ポンプはシリンダー内でピストンあるいはプランジャーを往復運動させ,それに対応させて吸込管あるいは吐出管への流路を弁により開閉し,水を吸い込み,吐き出させる。…

※「ワーシントン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ワーシントンの関連キーワードアメリカの声アングロアメリカアメリカ杉アメリカ地中海アメリカンアメリカンチェリー亜米利加アメリカ凌霄花アメリカの空アメリカの友人

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ワーシントンの関連情報