コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワーツラフ2世 ワーツラフにせいVáclav II; Wacław II; Wenzel(Wenzeslaus) II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワーツラフ2世
ワーツラフにせい
Václav II; Wacław II; Wenzel(Wenzeslaus) II

[生]1271
[没]1305.6.21. プラハ
ボヘミア王 (在位 1278~1305) ,ポーランド王 (在位 1300~05) 。ウェンツェル2世,ウェンツェスラウス2世とも呼ばれる。オタカル2世の子。父王が神聖ローマ皇帝ルドルフ1世と争って 1278年敗死したため,7歳でブランデンブルク伯オットーの監視下に即位。その後,摂政職にあった義父ザビシュを追放して 1289年政権を獲得。婚姻関係を利してワーツラフ2世としてポーランド王も兼ね,さらに息子ワーツラフ3世をハンガリー王位につけるなど,武力より外交的・行政的手腕をもって王国の復興に努めた。産業育成にも力を注ぎ,通貨改革 (1300) ,鉱山開発なども行なった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ワーツラフ2世の関連キーワードウワディスワフ1世(短身王)ウェンツェスラウス2世ウェンツェスラウスウェンツェル2世プシェミスル朝ウェンツェルノウィソンチ在位

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android