(読み)コト

デジタル大辞泉「事」の解説

こと【事】

《「言(こと)」と同源》
「もの」が一般に具象性をもつのに対して、思考・意識の対象となるものや、現象・行為・性質など抽象的なものをさす語。
世の中に起こる、自然または人事の現象。事柄。出来事。「の真相」「の起こり」
大変な事態。重大な出来事。「失敗したらだ」「ここでを起こしたら苦労が水の泡だ」
仕事。用件。「をなしとげる」
物事の状態や経過。また、それを中心とした事情。いきさつ。「を見守る」「と次第によっては許さないでもない」

㋐行事や儀式。
「夜いたう更けてなむ、―果てける」〈・花宴〉
㋑生命。
「いみじき―の閉ぢめを見つるに」〈・幻〉
㋒言外に了解されている、ある事柄。例のこと。
「この僧、彼の女に合宿して、―ども企てけるが」〈著聞集・二〇〉
㋓食事。特に、僧の夜食。
「ある人、―をして贈りたりけるに」〈著聞集・一八〉
他の語句をうけて、その語句の表す行為や事態を体言化する形式名詞。
行為。仕業。「つまらない―をしでかしたものだ」
ある対象に関連する事柄。「映画のは彼が詳しい」「後のは君に一任する」
心情や動作の向かっている対象。「君のが好きだ」「家族のを大切にする」
言葉の内容や意味。「君の言うはわからないでもない」
文章の段落などの題目。「イソポが生涯の

㋐(「…ということだ」「…とのことだ」などの形で)噂。伝聞。「彼も結婚したというだ」
㋑(「…ことがある」などの形で)場合。「ときどき郵便物が返ってくるがある」
㋒(「…ことがある」などの形で)経験。「アメリカなら行ったがある」
㋓(「…ことはない」などの形で)必要。「そこまでしてやるはない」
㋔(「…だけのことはある」などの形で)価値。「専門家に任せただけのはあって、見事な出来だ」「わざわざ出かけただけのはあった」
㋕(「…のことだ」などの形で)ある言葉の指し示す対象である意を表す。「九郎判官とは源義経のだ」
㋖(「…ことにする」「…こととする」などの形で)決定する意を表す。「やっぱり田舎に帰るにするよ」
㋗(「…ことにしている」などの形で)意図的な習慣にしている意を表す。「毎朝ジョギングするにしている」
㋘(「…ことになる」「…こととなる」などの形で)結果的にそうなる意を表す。「今度の会談で、国際情勢は新たな局面を迎えるになった」
㋙(「…ことになっている」などの形で)既に規則や予定で、そう決まっている意を表す。「法律で弁償しなくてはならないになっている」「来秋から留学するになっている」
㋚(「…ことだ」などの形で)話し手自身の判断に基づいた進言・忠告である意を表す。「入院を機に、ゆっくり休むだ」「彼にはよく謝っておくだな」
㋛(「…をこととする」などの形で)その行為に没頭していること、それを当面の仕事としていることを表す。「晴耕雨読をとする」
「銭積もりて尽きざるときは、宴飲声色を―とせず」〈徒然・二一七〉
それに関して言えば、の意を表す。「私この度転居致しました」
通称・雅号などと本名との間に用いて、両名称の指す人物が同一であることを表す。「楠公(なんこう)楠木正成」
活用語の連体形に付いて句を体言化し、そこに述べられた事柄をきわだたせる意を表す。「未来を予知するができる」「走るは走るけれど、遅い」「間もなく帰ると思います」
10 形容詞・形容動詞の連体形に付いて、その状態を強調する意を表す。「長いお世話になりました」「不思議なにからだが宙に浮いた」
11 「の」を介して程度を示す副詞に付き、さらに強調する意を表す。「なおの悪い」「いっそのやめたらどうだ」
12 (多く「…ごと」の形で用いる)
㋐動詞の連用形、名詞、形容動詞の語幹に付いて、事柄としての行為や状態を表す。「考え」「悩み」「色」「きれい
㋑真似をする遊びであることを表す。「まま」「鬼(=鬼ごっこ)」
13 活用語の連用形に付いて、句を体言化する。→こと[終助]
「呉人が西施をくせ物と云ひ―は無益なり」〈中華若木詩抄〉
[下接語]当て事好(い)い事一つ事若しもの事・我が事(ごと)遊び事徒(あだ)事他(あだ)し事荒(あら)事案じ事粋(いき)事痛事入れ事色事祝い事憂い事絵空事大事公(おおやけ)事鬼事隠し事隠れ事賭(か)け事考え事綺麗(きれい)事稽古(けいこ)事景事芸事拵(こしら)え事酒(さか)事杯事定め事戯(ざ)れ事仕事実(じつ)事忍び事修羅(しゅら)事冗談事勝負事所作(しょさ)事心配事空事徒(ただ)事茶事作り事艶(つや)事出来事手事内証(ないしょ)事慰み事何事習い事濡(ぬ)れ事願い事祈(ね)ぎ事囃子(はやし)事僻(ひが)事人事秘め事節事振り事舞事禍(まが)事真似(まね)事飯(まま)事見事密(みそ)か事無駄事物事揉(も)め事約束事俏(やつ)し事由(ゆえ)無し事余所(よそ)事和事業(わざ)事私事笑い事

じ【事】[漢字項目]

[音](呉) (慣) [訓]こと つかえる
学習漢字]3年
〈ジ〉
ことがら。できごと。「事件事故事項事実事情事態事典事物火事記事行事故事惨事私事叙事珍事無事
しごと。しわざ。「事業事務悪事家事工事炊事
つかえる。「事大主義兄事師事
〈ズ〉ことがら。「好事家
〈こと(ごと)〉「事柄仕事見事出来事
[名のり]つとむ・わざ

ごと【事】

こと(事)12」に同じ。「隠し」「頼み

ず【事】[漢字項目]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「事」の解説

ごと【事】

〘語素〙
① 動詞の連用形や形容詞、形容動詞の語幹に付いて、その行為や状態を表わす複合名詞をつくる。「願い事」「きれい事」「大事」など。
※謡曲・花筐(1435頃)「事新しき問ひごとかな」
② 動詞の連用形に付いて、先の陳述を統合して体言格としての機能を果たす。多く中世の抄物文献に見られる表現。主格に立つ場合は、下に否定的なことばや表現を伴うことが多い。
※足利本人天眼目抄(1471‐73)下「別に把柄の付け事も无いぞ」
※四河入海(17C前)一七「詩なんどを我等が貴方の前で作り事は面目もない事ぞ」
③ 体言に付いて、そのまねをする意を表わす。「ままごと」「おにごと」など。
※滑稽本・続膝栗毛(1810‐22)七「旦那ごとはやめたといふに」

じ【事】

〘名〙
① 事柄。出来事や仕事。
※風姿花伝(1400‐02頃)三「一切の事に、得手得手とて、生得得たる所あるものなり」
② 仏語。相対的差別的な現象。普遍的な真理、平等的な本体の理に対する語。
※日蓮遺文‐妙一女御返事(1280)「法華経の即身成仏二種あり。迹門は理具の即身成仏、本門は事の即身成仏也」

こん【事】

〘名〙 「こと(事)」の変化した語。
浄瑠璃・心中宵庚申(1722)上「喉につまってぎっちぎっちてき無いこんでごはりまする」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android