コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コト

デジタル大辞泉の解説

こと【事】

《「言(こと)」と同語源》
「もの」が一般に具象性をもつのに対して、思考・意識の対象となるものや、現象・行為・性質など抽象的なものをさす語。
世の中に起こる、自然または人事の現象。事柄。出来事。「の真相」「の起こり」
大変な事態。重大な出来事。「失敗したらだ」「ここでを起こしたら苦労が水の泡だ」
仕事。用件。「をなしとげる」
物事の状態や経過。また、それを中心とした事情。いきさつ。「を見守る」「と次第によっては許さないでもない」

㋐行事や儀式。
「夜いたう更けてなむ、―果てける」〈・花宴〉
㋑生命。
「いみじき―の閉ぢめを見つるに」〈・幻〉
㋒言外に了解されている、ある事柄。例のこと。
「この僧、彼の女に合宿して、―ども企てけるが」〈著聞集・二〇〉
㋓食事。特に、僧の夜食。
「ある人、―をして贈りたりけるに」〈著聞集・一八〉
他の語句をうけて、その語句の表す行為や事態を体言化する形式名詞。
行為。仕業。「つまらない―をしでかしたものだ」
ある対象に関連する事柄。「映画のは彼が詳しい」「後のは君に一任する」
心情や動作の向かっている対象。「君のが好きだ」「家族のを大切にする」
言葉の内容や意味。「君の言うはわからないでもない」
文章の段落などの題目。「イソポが生涯の

㋐(「…ということだ」「…とのことだ」などの形で)噂。伝聞。「彼も結婚したというだ」
㋑(「…ことがある」などの形で)場合。「ときどき郵便物が返ってくるがある」
㋒(「…ことがある」などの形で)経験。「アメリカなら行ったがある」
㋓(「…ことはない」などの形で)必要。「そこまでしてやるはない」
㋔(「…だけのことはある」などの形で)価値。「専門家に任せただけのはあって、見事な出来だ」「わざわざ出かけただけのはあった」
㋕(「…のことだ」などの形で)ある言葉の指し示す対象である意を表す。「九郎判官とは源義経のだ」
㋖(「…ことにする」「…こととする」などの形で)決定する意を表す。「やっぱり田舎に帰るにするよ」
㋗(「…ことにしている」などの形で)意図的な習慣にしている意を表す。「毎朝ジョギングするにしている」
㋘(「…ことになる」「…こととなる」などの形で)結果的にそうなる意を表す。「今度の会談で、国際情勢は新たな局面を迎えるになった」
㋙(「…ことになっている」などの形で)既に規則や予定で、そう決まっている意を表す。「法律で弁償しなくてはならないになっている」「来秋から留学するになっている」
㋚(「…ことだ」などの形で)話し手自身の判断に基づいた進言・忠告である意を表す。「入院を機に、ゆっくり休むだ」「彼にはよく謝っておくだな」
㋛(「…をこととする」などの形で)その行為に没頭していること、それを当面の仕事としていることを表す。「晴耕雨読をとする」
「銭積もりて尽きざるときは、宴飲声色を―とせず」〈徒然・二一七〉
それに関して言えば、の意を表す。「私この度転居致しました」
通称・雅号などと本名との間に用いて、両名称の指す人物が同一であることを表す。「楠公(なんこう)楠木正成」
活用語の連体形に付いて句を体言化し、そこに述べられた事柄をきわだたせる意を表す。「未来を予知するができる」「走るは走るけれど、遅い」「間もなく帰ると思います」
10 形容詞・形容動詞の連体形に付いて、その状態を強調する意を表す。「長いお世話になりました」「不思議なにからだが宙に浮いた」
11 「の」を介して程度を示す副詞に付き、さらに強調する意を表す。「なおの悪い」「いっそのやめたらどうだ」
12 (多く「…ごと」の形で用いる)
㋐動詞の連用形、名詞、形容動詞の語幹に付いて、事柄としての行為や状態を表す。「考え」「悩み」「色」「きれい
㋑真似をする遊びであることを表す。「まま」「鬼(=鬼ごっこ)」
13 活用語の連用形に付いて、句を体言化する。→こと[終助]
「呉人が西施をくせ物と云ひ―は無益なり」〈中華若木詩抄〉
[下接語]当て事好(い)い事一つ事若しもの事・我が事(ごと)遊び事徒(あだ)事他(あだ)し事荒(あら)事案じ事粋(いき)事痛事入れ事色事祝い事憂い事絵空事大事公(おおやけ)事鬼事隠し事隠れ事賭(か)け事考え事綺麗(きれい)事稽古(けいこ)事景事芸事拵(こしら)え事酒(さか)事杯事定め事戯(ざ)れ事仕事実(じつ)事忍び事修羅(しゅら)事冗談事勝負事所作(しょさ)事心配事空事徒(ただ)事茶事作り事艶(つや)事出来事手事内証(ないしょ)事慰み事何事習い事濡(ぬ)れ事願い事祈(ね)ぎ事囃子(はやし)事僻(ひが)事人事秘め事節事振り事舞事禍(まが)事真似(まね)事飯(まま)事見事密(みそ)か事無駄事物事揉(も)め事約束事俏(やつ)し事由(ゆえ)無し事余所(よそ)事和事業(わざ)事私事笑い事

ごと【事】

こと(事)12」に同じ。「隠し」「頼み

じ【事】[漢字項目]

[音](呉) (慣) [訓]こと つかえる
学習漢字]3年
〈ジ〉
ことがら。できごと。「事件事故事項事実事情事態事典事物火事記事行事故事惨事私事叙事珍事無事
しごと。しわざ。「事業事務悪事家事工事炊事
つかえる。「事大主義兄事師事
〈ズ〉ことがら。「好事家
〈こと(ごと)〉「事柄仕事見事出来事
[名のり]つとむ・わざ

ず【事】[漢字項目]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こと【事】

〔「こと(言)」と同源か〕
「もの」が何らかの作用・機能・状態・関係などとして実現するありさまをいう語。「もの」が時間的に不変な実体のようにとらえられているのに対して、「こと」は生起・消滅する現象としてとらえられている。
生じた事柄。出来事。事態。事件。 「 -は重大だ」 「 -の推移を見守る」 「 -の起こり」 「どんな-が起こっても驚くな」
物事の状態や経過。事情。わけ。 「 -を分けて説明する」 「 -と次第によっては許せない」 「くわしい-はあとで話します」
重大事。大変な事態。 「もし彼に知られたら-だ」 「一朝-ある時は」 「 -なきを得る」
形式名詞。上に修飾語を伴ってどんな事柄であるかが限定される。
ある物事に関連する事柄。 「自分の-は自分でしなさい」 「試験の-を話す」 「彼の-だからうまく処理するだろう」
ある人物が動作・心情の対象であることを示す。 「彼は彼女の-が好きらしい」 「私の-をほめてくれた」
(「…のことをいう」「…のことだ」などの形で)言葉が何かをさしていることを示す。 「タイガーとはトラの-をいう」 「今の話の某氏というのは遠藤さんの-だ」
行為。仕業。 「自分のした-を反省しなさい」 「今日はいい-をした」
言葉の内容。言葉の意味。 「彼の言った-を聞いたか」 「彼女は私の言う-がよく分からないらしい」
(「…ということだ」の形で)うわさ。伝聞。 「彼は来年留学するという-だ」
(「…ことがある(ない)」の形で)経験。体験。 「外国へ行った-がある」 「それについて深く考えた-がない」
(「…ことにしている」の形で)習慣。しきたり。 「朝は六時に起きる-にしている」
(「…ことはない」の形で)必要。 「何も急ぐ-はない」 「彼に同情する-はない」
(「…ことだ」の形で)「…ことが大事だ」の意を表す。 「合格したかったら勉強する-だ」 「風邪気味の時は早く寝る-だ」
(「…ことにする」の形で)「…という方針を決める(決心をする)」の意を表す。 「試してみる-にしました」
(「…ことになる」の形で)成り行き。結果。 「黙っていたということは、認めた-になる」
用言(あるいはそれに助動詞の付いたもの)の連体形を受けて、それを体言化し、用言の表す作用・状態を体言的な概念に変える。…ということ。 「この際真実を述べる-が一番いい」 「英語を話す-ができる」 「彼が有能な-を認めない人はいない」 「彼に裏切られた-は一生忘れられない」
形容詞の連体形に付いて、副詞化する。 「うまい-やれよ」 「長い-留守にする」
人を表す名詞に直接続く。
謙譲の人称やそれに準ずる語に付いて、それに関していう意を示す。古くは謙譲に限らない。 「私-このたび左記に転居致しました」 「愚息-」
通称に続いて本名を言う時に用いて、両者が同一人であることを示す。すなわち。つまり。 「清水次郎長-山本長五郎」
動詞の連用形、名詞・形容動詞の語幹などに付いて、その行為・状態を表す。多く「ごと」の形で用いる。 「祝い-」 「考え-」 「はかり-」 「芸-」 「きれい-」
名詞に付いて、そのまねをすることを表す。ごっこ。多く「ごと」の形で用いる。 「まま-(飯事の意)」 「鬼-(鬼ごっこの意)」
〔僧の言葉〕 夜食。 「ある人-をして贈りたりけるに/著聞 18
動詞の連用形に付いて、前にある主語・目的語などを受けながら、全体を体言化する働きをもつ。 「呉人が西施をくせ物と云ひ-は無益也/中華若木詩抄」 → こと(終助)

こん【事】

「こと(事)」の転。 「そんな-だと思った」 「是は無念な-だが/雑兵物語」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

事の関連情報