コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原宣房 ふじわらののぶふさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤原宣房
ふじわらののぶふさ

[生]正嘉2(1258).京都
[没]?
鎌倉時代末期~南北朝時代初期の廷臣。万里小路宣房ともいう。資通の子。文永8 (1271) 年従五位下。蔵人頭などを経て,嘉元3 (1305) 年参議,後二条天皇の崩御とともに官を辞したが,後醍醐天皇が即位すると登用され権中納言となる。北畠親房,吉田定房とともに「後の三房」と呼ばれた。正中の変落着の功により権大納言となったが,元弘1 (31) 年笠置落城後,一時官位を奪われた。建武政権には雑訴決断所の頭人として参画,延元1=建武3 (1336) 年出家。日記『万一記』がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ふじわらののぶふさ【藤原宣房】

1258~?) 鎌倉後期の廷臣。大納言。家名は万里小路までのこうじ。後醍醐天皇の信厚く、吉田定房・北畠親房ちかふさとともに「後のちの三房」と称される。正中の変では鎌倉に赴き事件を落着させる。日記「万一記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤原宣房
ふじわらののぶふさ
(1258―?)

万里小路(までのこうじ)宣房ともいう。鎌倉末期の公卿(くぎょう)。資通(すけみち)の子。従(じゅ)一位、大納言(だいなごん)。数代の天皇に仕え、俊才の名高く、後醍醐(ごだいご)天皇の寵遇(ちょうぐう)を受け、またよく天皇を補佐し、吉田定房(さだふさ)、北畠親房(きたばたけちかふさ)とともに後の三房(さんぼう)といわれた。1324年(正中1)討幕の密議が露顕した正中(しょうちゅう)の変に際し、天皇の告文(こうもん)をもって鎌倉に赴き、弁明して事件を落着させた。31年(元弘1)元弘(げんこう)の変で、笠置(かさぎ)で天皇とともに子息藤房(ふじふさ)が北条方に捕らえられたとき、一時拘禁されたが、名望あるゆえ許され、光厳院(こうごんいん)に出仕を命ぜられた。33年建武(けんむ)新政なると、後醍醐天皇によって、光厳院に仕えた公卿が多く免職になったなかで、とくに本官に復され、新設の雑訴決断所(ざっそけつだんしょ)の頭人(とうにん)となったが、36年(延元1・建武3)足利尊氏(あしかがたかうじ)の京都攻めのころ出家し、その後の動静は不明。鎌倉末、公武対立期の知性派公家(くげ)の代表といわれる。その日記を『万一記(まんいつき)』という。[飯倉晴武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

藤原宣房の関連キーワード万里小路宣房後二条天皇授翁宗弼蔵人頭藤原

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android