コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワーテルローの会戦 ワーテルローのかいせんWaterloo Campaign

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワーテルローの会戦
ワーテルローのかいせん
Waterloo Campaign

1815年6月 18日ベルギーのブリュッセル南東にあたるワーテルロー南郊で,ナポレオン1世の率いるフランス軍 12万 5000人とウェリントン公指揮下のイギリス軍9万 5000人および G.ブリュッヒャー指揮のプロシア軍 12万人から成る連合軍とが戦った会戦。ナポレオン軍の敗北に終った。この戦いの3ヵ月半前の3月1日,配流地エルバ島を脱出したナポレオンは,帝位に復して列国軍の撃破をはかり,6月 15日まずリニーでプロシア軍を破った。彼は続いてイギリス軍を討つ計画であったが,プロシア軍の追撃を命じられた E.グルーシーの失策と雨天のために砲車の活動が妨害され,18日の開戦が正午過ぎまで遅れたこととで,プロシア軍にイギリス軍と合流する機会を与え,ついに大敗した。長いナポレオン戦争の経験から,各国の指揮者が彼の戦法を熟知してしまったことも,敗戦の大きな原因であった。戦死者はフランス軍4万人,イギリス軍1万 5000人,プロシア軍 7000人。この敗北によりナポレオンの「百日天下」は終り,彼はセントヘレナ島に流されそこで死んだ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ワーテルローの会戦の関連キーワードウィレム2世[オランダ王]クラウゼウィッツラス・カーズグナイゼナウフルリュースパルムの僧院ビューロールイ18世マニャンユルトラファンスミスネー

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android